Sample Image

健康食品としての青汁の歴史

現在、健康食品として有名である青汁には、実は古くからの歴史があります。
古くからあったとされていますが、戦後で食料が不足し栄養不足を危惧した医師が飲ませた事が、広まった要因とされています。
その当時は野菜自体が不足していたので、野に生えている食べられる草を主原料としていました。
その後、食糧難を乗り越えると家庭にある野菜をすり潰し摂取してきました。
その語源ですが、日本では緑色の事を青色とも呼んでいました。
ですので、青菜を多く使ったこの飲み物を青汁として飲んでいました。
昔ながらの野菜から作ったものは、味の調整が難しく家庭によって使う食材が違いました。
苦みの強い野菜も多く使っていたので、飲みにくく苦手な人も多くいました。
アクが強くニオイが強いのも原因です。
今ではフルーツや調味料で味を整える事が多くなりました。
また現在と違い栄養素の配分もまちまちだったので、健康に対する自己満足の部分も大きかった様です。
今では加熱すると多くの栄養素が失われる事が分かっていますが、昔は加熱してからすり潰すという製法で作られる物も多かったので、失われる栄養素も多かったのです。
青汁はデトックス効果も優れています。


現在に流通している青汁は、野菜をすり潰した状態のものではなく、粉末を水や牛乳で溶かすタイプのものが多くあります。
これは技術や開発の進歩により栄養素を失う事無く摂取する事が出来る様になったからです。
低温で加熱する事で栄養素を破壊せずに加工ができて、少ない量でも十分な栄養を摂取できます。
低温加工でけでなく、フリーズドライなどの技術も進んでいるので、より野菜の細胞を破壊せずに栄養素が壊れにくくなります。
問題であった苦みなどの味の欠点も加工技術や、調味の方法で飲みやすいものに変わってきています。
粉末にする事で摂取方法の幅が広がり、様々な料理に利用出来る様になりました。
抹茶味に近い商品もあり、老若男女に飲みやすい加工が施されています。
また一般人には入手しにくい栄養価の高い野菜を多く取り入れています。
ケールやアシタバ、最近では海藻なども配合している商品もあります。
普段スーパーでは手に入らない栄養価の高い食品を手軽に摂れるのです。
多くの種類があるのは、使用する野菜の栄養素や効果が違うからなのです。
健康食品として一般認知度の高い青汁は長い歴史があります。
それは加工技術の進歩や、一般にも飲みやすくした事によって広まったものなのです。

こちらのサイトには、主な青汁メーカーの歴史について詳しく解説されていました。
 

Copyright(c) 2013 AOJIRU_GREEN All Rights Reserved.