Sample Image

レシピというほどでもないくらい簡単な青汁入りスープ

 青汁とは、ケールなどの緑葉野菜を絞って作る緑色の汁のことです。
カリウムやリン、ビタミンA、ビタミンKを多く含み、非常に健康にはいい飲み物なのですが、何しろ味がまずいため、長年マイナーな存在でした。
しかし、某メーカーのコマーシャルでの、まずさを前面に押し出すインパクトあるセリフをきっかけとして全国的に知られるようになり、折からの健康ブームにも乗って注目を浴びるようになってきました。
有名になったきっかけは、そのまずさからくるコマーシャルのセリフでしたが、一般的になるにつれて品質改良が進んできました。
最近の製品では大麦若葉や小松菜、ヨモギなどを材料に用いるなどして、味もずいぶん改善されるようになってきました。
ずいぶん飲みやすい製品が多くなってきているのですが、それでも時々まずいと感じることがあります。
それは季節に影響されるケール自体の味の違いです。
夏場はケーるの成長期であり、緑色が濃くなり、独特の青臭さと苦みも強くなってしまうのです。
一方冬場のケールは成長が遅く、この時期のケールはとても甘みが強いので、飲みやすい商品になるのです。
ですから、同じメーカーの同じ商品であっても飲みやすかったりまずかったりすることがあるのです。

こちらのサイトhttp://www.fileencryption.org/も、大変おすすめですので、是非ご覧になってみてください。

では、まずい青汁をおいしく飲むにはどうすればいいのでしょう。
通常は粉末を水に溶かして飲むのですが、水の代わりに牛乳やジュースで溶かしたりして飲むと大変飲みやすくなります。
しかし、寒い冬場に冷たいジュースも体が冷えてしまってつらいものです。
そこで私がお勧めしたいのはスープにして飲む方法です。
簡単なのはカップスープの素にお湯を注いで溶かす時に、一緒に青汁の粉末を溶かして飲むという方法です。
コーンポタージュに溶かしてみると見た目はまるでホウレンソウのポタージュで、体に良くて、味もおいしく、体も温まって一石三鳥です。
もちろんインスタントのカップスープを使わずに、一からポタージュを作って仕上げに粉末を溶かすと、家庭の味になって、もっとおいしく味わえると思います。
スープ以外にも料理への使い道は沢山あります。
お子さんがいるご家庭ではホットケーキに青汁を混ぜ込むという手もあります。
これなら野菜嫌いのお子さんでも喜んで食べてくれます。
また、ケーキを焼く時に混ぜてもいいでしょう。
いつもの料理に少し混ぜるだけですから、レシピも難しくありません。
それでも失敗が心配の方はネットで調べればレシピがたくさん見つかります。
是非一度試してみて下さい。
こちらのhttp://www.05310577.com/サイトの解説も参考になるかと思います。是非ご覧ください。

▼おいしいアレンジレシピはこちら

 

Copyright(c) 2013 AOJIRU_GREEN All Rights Reserved.